⑧賃貸民法改正

賃貸物の一部滅失等の場合の賃料の減額

③賃貸物の一部滅失等の場合の賃料の減額

設備等に不具合があり、予定どおりの使用ができなかった場合、その程度に応じて家賃減額になるというものです。

現行民法では「賃料減額請求権の発生」ですが、改正後は「当然に家賃減額」となります。

カソッカちゃん
カソッカちゃん
単に言うと。10万の部屋で、不動産屋に修繕の報告をして1ヵ月水出なくて3万引きに! 
スム君
スム君
細かく決まってるんですね!

カソッカちゃん
カソッカちゃん
但し、修繕依頼の日と修繕完了日を住むサポアプリにちゃんと残しておいてね!
スム君
スム君
物件情報の 修繕依頼・登録・一覧ページにですね!ありがとうございます!

大体の不動産会社は、入居者が知らないと思っています。契約書類、もちろん重要事項説明書・賃貸住宅紛争防止説明書も契約時確認し(退去に困る特約がある場合もあります)保管して宅建士に確認。入居時の写真は必ず保管。修繕履歴も必ず保管。そのことにより、万が一の時家賃が減額されます。不明な事は住むサポコンシェルジュにご相談ください。

住むサポアプリダウンロードは!

住むサポは『ラクして節約。しかもおトク。』「賃貸トラブル0」入居者と不動産会社を繋ぐ宅建士が対応するコンシェルジュ5000世帯が利用する無料アプリです。
契約書類保管と入居時写真保管サービスで賃貸生活のトラブルが無くします。電気やガス・インターネットの代行サービスで​住むサポCASHがもらえます。

住むサポをダウンロード!